新築一戸建てや中古マンション「失敗しない家の買い方」

名古屋の建売事情から住まいの小ネタまで

名古屋市千種区の不動産屋と言えば

ランドアーズ「一戸建てを賢く買う不動産検索サイト」

  • 0120-976-127
  • 9:30~19:00
TOP
>
>
>
賃貸派?持ち家派?

賃貸派?持ち家派?

今日は不動産のあるあるテーマですが、持ち家か賃貸かと言うお話しです。

 

まず、よく議論に上がるのが賃貸の方が好きな時に引っ越しできるし自由が効く、その反面、持ち家は買ってしまったらそこから動けないと言う点があります。
この点に関しては、やはり賃貸の方が新しい家に引っ越したり仕事に合わせて場所を変えたり、自由なタイミングで選ぶ事ができます。
流動的に生活スタイルを変えたい方や、頻繁に転勤がある方や同じ所に定住したくない方には賃貸が向いているかと思います。

 

その一方で、結婚もして子供も出来て今の暮らしを大きく変えるつもりはない、という方には持ち家の方が向いているかと思います。
むしろそこから動きたくないという考えなのであれば、これは買った方が良いでしょう。

 

そもそも、子供の部屋とかを考えて3LDK、4LDKに駐車場というような広さを求めた場合、賃貸住宅だと結構な家賃を支払う必要があります。
その結構な家賃を毎月、毎年支払っていく場合、計算すると結構な額になる事に気付きます。

持ち家に対してローンの返済をしているのであれば、これは資産形成という捉え方ができますので、同じ額を払うにしても納得感が違います。

 

まぁこんな事は一般的に語られる事なので、たいして面白くない話なんですが、住宅を販売していて一番思うのは、住宅ローンを組んで家を買う大きなメリットは団体信用生命保険という制度にあると思います。

この団体信用保険とは、ローンを組んだ方(主債務者:一般的にはご主人)が万が一、死亡・高度障害となってしまった場合、この保険によって住宅ローンを返済してくれるという仕組みです。


一般的な住宅ローンはこの保険に強制的に加入する必要があり、ほとんどの人が住宅ローンを組んでいる=団体信用保険に入っているという状態となります。
よく、家族がいるのに住宅ローンを組むのが怖いとか借金を背負いたくない、なんていう方をおりますが、それはただの空想です。

家族がいるのに住宅ローンを組まないなんてどういう了見か

ひとたび住宅ローンを組んでしまえば、もういつ死んでも大丈夫。


借金は消えて家は残せるんです。


これを知れば借金を背負うのが怖いなんてちゃんちゃらおかしな話です。
だって、賃貸のまま死んでも家賃は無くなりませんよ!

残される家族の事を思えばどちらが良いかなんて考えるまでもありません。


当然、生命保険をかけていらっしゃると思いますが、衣食住は生活の基盤です。
この住の部分をそのまま残せるというのは非常に大きなメリットだと思います。

 

したがって、ローンを組めるのであれば、たとえ現金があったとしても現在のような低金利時代であればローンで買う事をおすすめします。
住宅ローン控除も含めて考えれば、現在の金利水準で言えばいわゆる逆ザヤ状態で支払う金利よりも入ってくるお金の方が多くなったりもします。
そこに保険までかかるっていうんだから至れり尽くせりです。

 

本当に怖いのは、借金する事ではなく、病気や怪我が原因でこの団体信用保険に加入できなくなる事なのです。
団体信用保険に加入できなければ一般的な住宅ローンは組めなくなり、フラット35などの保険加入が任意の住宅ローンを組む事になります。
年齢を重ねるごとにこのリスクは高まります。

 

今はこの団体信用保険にガン特約や八大疾病特約なんかも追加する事もできます。
加入されている生命保険を見直す事でローン返済に回せるお金を発掘できるかもしれません。

 

家を買うなら早い方が良いよ、と言われるのはこういう理由もあったりします。

 

それでは、皆様に良い家が見つかりますように。