TOP

不動産は値引きできたから安く買えたとは限らない

不動産の販売価格というのは、まさに需要と供給のバランスで成り立っています。
相場より高く出そうが売れればそれが正解になりますし、安くしたからといって売れるとは限らない。


安く買って高く売るのが商売の基本です。
買う側は一生の買い物っていう事で渾身の値引き交渉をしますが、売る側はこれを生業にしておりますので、一筋縄ではいきません。

値引きできる物件であれば、商談の最終局面で値引きを提案する事でグッと背中を押され、決断材料にしてもらうというのが営業手法としてはありがたい。


しかし、どの物件でも値引きが可能なわけではありません。
値引きをするかどうかは売主の腹積もりひとつです。
売主が一切値引きをしません、となれば1円たりとも値引きはできないのです。
そもそも値引きする事なく売れるだろうと思っている商品の利益をみすみす減らす理由はありません。

 

値引きができないなんて信じられない、不動産屋の言いなりにはならないぞ、という考えも理解はできます。
友達は200万円値引きしてもらったから、私も値引きしてもらわないと買えない、と。

 

これは一見正しく思えますが、実際には勘違いです。

先ほど説明したように、値引きするかどうかは売主次第なのです。
もともと200万円の値引きは致し方なしという売主もいれば、設定価格でしか売らない、という売主もいます。
逆に言うと200万円の値引きは致し方なしという物件はその分の値引き価格が上乗せされている可能性もあります。

 

つまり、買う側は「200万円値引きしてやったぜ!やったね♪」と思っていても
売り側は「200万円の値引きで収まったか、やったね♪」と、こんな感じです。
まぁこれはウィンウィンの関係なので素晴らしいのですが、何のことはない、結局は売る側の術中にはまっているだけの事です。
相手は買って建てて売ってを生業にしている企業です、そんなに甘くはありません。
最も大切なのはタイミングです。これにはお客様と仲介業者が協力して事を進める必要があります。

 

物件によっては値引きをお受けする事ができないケースも多いですが、そもそも値引きできる物件は設定価格が高いという裏事情も踏まえる必要があります。

最終的には、値引額よりも、そこに住みたいと思えるかどうかが住宅選びには大事なのではないでしょうか。